ニキビケア化粧品

VC200の口コミと効果!評価・評判を実体験で解析

投稿日:

 

VC200の口コミ ネットの評判は嘘?本当?

VC200

こんな悩みありませんか?

・生理前になるとニキビが悪化する
・ニキビが治ってもいつまでも跡に残る
・10代の頃からずっとニキビに悩まされている

 

……でも、

・ニキビの治療薬や内服薬を飲んでも全然ダメ
・ニキビケア化粧品は乾燥するし刺激が強い
・美容皮膚科やエステは費用や勧誘が心配

 

そこで、おすすめなのが「VC200」です。

・APPSの2倍の浸透力を持つ「Funcos-C-IS」を配合
・ニキビのケア、予防、ニキビ跡ケアをサポート
・6つの無添加で肌に優しい

VC200は3つの効果でニキビ、ニキビ跡の悩みをサポートしてくれます。

 

VC200

 
 

VC200の悪い口コミ&評判

VC200

ニキビ跡の凸凹には効果が無い

ニキビ跡の凸凹対策に、VCビタールを使っています。
VCビタールを使い始めてからはニキビができにくくなり、肌が柔らかくなったように感じます。
ただ、1カ月近く使っていますが、ニキビ跡の凸凹にまだ変化がないですね。
やはりニキビ跡の凸凹を化粧品で治すのは難しいかな。
【20代後半・専業主婦・1カ月使用】

 

トライアルの1週間分では効果が分からない

生理前ニキビに悩まされていたので1週間分のVCスターターセットを購入しました。
残念ながら、1週間程度ではニキビへの効果はわかりませんでした。
新しくニキビができることは無かったので、悪くは無いと思います。
せめて2週間ぐらいじっくりと試せたらいいのですが。
【30代前半・会社員・1週間使用】

 

VC200の良い口コミ&評価

VC200

ニキビで悩んでいたことがウソのようです

シーボディVC200はVCローション、薬用VCエッセンス、VCビタールの3種類をライン使いしています。
VC200を使い始めてから、生理前にアゴにボコボコっとできていたニキビがすっかり治まりました。
ニキビ跡の色素沈着もほとんど目立たなくなり、今ではニキビで悩んでいたことがウソのようです。
ニキビが治っただけでなく、肌がツルンとなめらかになって素肌に自信が持てるようになりました。
【20代後半・会社員・3カ月使用】

 

ニキビ跡が消えて肌の透明感がアップ

ニキビやニキビ跡ケアにはビタミンC誘導体が良いと聞いて、シーボディVC200を使い始めました。
私はどちらかというと、ニキビよりもニキビが治った後にいつまでも残る色素沈着に悩んでいました。
VC200を使い始めてからは、ニキビができにくくなっただけでなく、できてしまっても跡に残ることはほとんどありません。
肌の透明感もアップして、「色白いね」と友人から羨ましがられることも増えました。
【30代前半・会社員・4カ月使用】

 

思春期ニキビにも効果があります

シーボディVC200は中学生の娘が酷いニキビに悩んでいるので購入しました。
薬用VC泡フォーマーとVCローション、薬用VCエッセンスに皮膚科で処方してもらっている塗り薬を使用しています。
VC200を使い始めてからは、新しくニキビができることがほとんどなくなったと喜んでいます。
まだ、ニキビ跡の色素沈着がいくらか残っていますが、遠目にはほとんど分からないくらい目立たなくなりました。
【40代前半・専業主婦・3カ月使用】

 

ニキビ跡や毛穴の凸凹が目立たなくなった

シーボディVC200はビタミンC誘導体配合の化粧品を探していて見つけました。
今までのニキビケア化粧品と違って、肌が乾燥したり、ピリピリとした刺激が無いのがイイですね。
2カ月ほど使い続けていますが、肌の密度がキュッと上がって、ニキビ跡や毛穴の凸凹が目立たなくなったように思います。
完全にツルツルはさすがにムリですが、かなり手ごたえが感じられます。
【30代後半・会社員・6カ月使用】

 

VC200には一部の悪い口コミや評判もあるようです。
しかし、良い口コミや評価の方が多くを占めているみたい。

VC200で効果を実感している人も多いようなので、私は試してみる価値アリだと思いました。

 

VC200

 
 

VC200の3つの効果

VC200

APPSの2倍の浸透力を持つ「Funcos-C-IS」を配合

VC200

数あるビタミンC誘導体の中でも「最強」と言われているのがAPPS。
シーボディVC200にはそんなAPPSの2倍の浸透力を持つFuncos-C-IS(APIS)が配合されています。
一般的なビタミンCの200倍の浸透力があることからVC200とも呼ばれている成分です。
まだ新しい成分で高額なため、APISを配合する化粧品は少ないのだそう。
APISの特徴はAPPSをも凌ぐ浸透力に加えて、高い保湿力があること。
「乾燥するのにニキビができる」
「ニキビケア化粧品は肌が乾燥する」
といった人にもシーボディVC200はピッタリです。

 

ニキビのケア、予防、ニキビ跡ケアをサポート

VC200

ニキビの悩みと言っても一つだけとは限りません。
「治ったと思ったら、次々できるニキビにうんざり」
「ニキビは治っても、ニキビ跡がいつまでも残ってしまう」
など、むしろニキビが治った後の悩みの方が大きいかもしれません。
シーボディVC200は殺菌成分で、できてしまっているニキビをケア。
プラセンタ、ビタミンEがダメージを受けた皮膚の代謝を促進。
ニキビの原因を排除し、ニキビができにくい肌へと近づけます。
また、ホルモンバランスをサポートする植物エキスも配合されており、生理前ニキビにも高い効果が期待できます。

 

6つの無添加で肌に優しい

VC200

ニキビができやすい、跡に残りやすい人は元々、肌が敏感でバリア機能が弱い傾向があります。
できれば肌にストレスを与えることなく、ニキビをケアしたいものです。
シーボディVC200は肌に刺激となる6つの成分は無添加。
・合成香料
・合成着色料
・パラベン
・アルコール
・界面活性剤
・鉱物油
は配合されていません。
日本人の肌の悩みに合わせて作られた日本製なので、安心して使用することができます。

 
 

VC200を購入するならアマゾン?楽天?公式?

VC200

VC200を購入するのであれば、やはり最安値で買いたいですよね。
そこで、公式、楽天、アマゾン、大手ドラッグストアや薬局などの販売価格をそれぞれ調べました。

 

・公式の価格:1,800円(VCスターターセット)
・楽天の価格:1,800円(VCスターターセット)
・アマゾンの価格:1,944円(VCスターターセット)
・ドラッグストア・薬局の価格:取り扱い無し

 

シーボディのVC200 VCスターターセットは公式サイトと楽天、アマゾンで販売されています。
公式サイト以外の場合、転売、中古品、並行輸入品の可能性もあります。
公式サイトの場合、次回使用できる20%OFFクーポンが付くなどの特典がありお得です。
商品購入後の問い合わせやアフターサービスなどを考慮しても、公式サイトで購入するのが一番良い方法だと言えそうです。

 

VC200

 
 

VC200の定期購入の解約方法

VC200

シーボディVC200の定期購入は、4回目以降いつでも解約することができます。
解約を希望する場合は、4回目の商品を受け取った後、電話またはお問い合わせフォームから退会手続きを行ってください。
電話番号:0120-777-723
受付時間:10:00~17:00(月~金)

 

VC200の返品&返金方法

VC200

シーボディVC200のVCスターターセットは初回購入分に限り、30日間返金保証の対象となります。
返金を希望する場合は、商品注文後30日以内に電話で連絡してください。
電話番号:0120-777-723
受付時間:10:00~17:00(月~金)

 

VC200

 
 

VC200に関する疑問まとめ

VC200の効果的な使い方は?

VC200

シーボディVC200のVCローションは、朝、夜の洗顔後に適量(500円玉大)をとり、顔から首にかけて肌全体にやさしく丁寧になじませます。
VCローションの後は、薬用VCエッセンスかVCビタールを使用します。
薬用VCエッセンスは、化粧水の後に、適量(2~3プッシュ程度)を手にとり、顔全体にやさしくなじませるように使用。
VCビタールは化粧水をご使用の後に、顔全体にやさしくなじませるように塗布します。
どちらも、気になる部分には重ね付けがおすすめです。

 

VC200の注目すべき成分は?

【全成分一覧】

VC200

・VC泡フォーマー
有効成分:イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:精製水、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、アスコルビン酸2-グルコシド、天然ビタミンE、ビタミンA油、ハチミツ、オトギリソウエキス、オウバクエキス、セイヨウハッカエキス、オウレンエキス、トウモロコシ油、BG、10-ヒドロキシデカン酸BG、ソルビトール液、濃グリセリン、マルチトール液、ペンチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、アルギニン、フェノキシエタノール、香料

VC200

・VCローション
水、ペンチレングリコール、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、レチノイン酸トコフェリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トコフェロール、サリチル酸、セイヨウオトギリソウエキス、オウレンエキス、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オウバクエキス、アルギニン、クエン酸、グリセリン、BG、フェノキシエタノール、EDTA-4Na

VC200

・薬用VCエッセンス
有効成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ビタミンA油、d-δ-トコフェロール、プラセンタエキス(1)、ハチミツ、セイヨウハッカエキス、オトギリソウエキス、オウバクエキス、オウレンエキス、リボフラビン、トウモロコシ油、精製水、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、10-ヒドロキシデカン酸BG、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、水酸化カリウム、カルボキシビニルポリマー、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、キサンタンガム、フェノキシエタノール有効成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム

VC200

・VCビタール
水、BG、グリセリン、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、ポリアクリル酸Na、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レチノイン酸トコフェリル、トコフェロール、セイヨウオトギリソウエキス、オウバクエキス、セイヨウハッカ葉エキス、ジメチコン、オウレンエキス、アルギニン、フェノキシエタノール

VC200

【特に注目すべき成分】
Funcos-C-IS(APIS)

シーボディVC200にはFuncos-C-IS(APIS)と呼ばれる最新型の両親媒性ビタミンC誘導体が配合されています。
両親媒性とは水溶性と油溶性の両方の性質を持っていることを意味します。
両親媒性ビタミンC誘導体には、APISの他にAPPSが有名です。
APISはAPPSの2倍の浸透力があることから、VC200とも呼ばれています。
さらにAPISはAPPSに比べて、即効性、安定性が高いのが特徴。
APPSは肌内でビタミンCに変換されるのに2種類の酵素を必要とします。
一方で、APISは1種類の酵素でビタミンCに変換されるため、APPSに比べて素早く作用します。
また、APPS配合の化粧品は
・開封後、1カ月以内に使い切らなくてはいけない
・開封後は冷蔵庫で保存
といったように、安定性が悪く品質が劣化しやすいのがデメリットです。
そのため、高濃度に配合することが難しく、多くても2%程度が限界とのこと。

VC200

APISはAPPSに比べて、高濃度に配合できることから、肌への高い効果が期待できます。
また、保湿力が高く、刺激が少ないといった点は、APPSと変わりません。
APISはAPPSの弱点を全てカバーしたビタミンC誘導体と言っても過言ではないかもしれません。
一方で、APISは「最新型」ビタミンC誘導体のため、
・流通量が少なく価格が高額
・使用の歴史が浅く、将来的な肌への影響力が未知数
といったデメリットもあります。
APISとAPPS、どちらもかなり優秀なビタミンC誘導体であることは間違いありません。
それぞれの、メリット、デメリットを押さえた上で、自分に合った商品を使うようにしたいですね。

 

VC200に危険な副作用はない?

VC200

シーボディVC200のVCビタールにはレチノイン酸トコフェリルが配合されています。
そのため、ごくまれにビタミンAの反応(レチノール反応)で赤みがでる場合があります。
赤みやヒリヒリ感といった刺激を感じる場合には、使用頻度を減らすようにしてください。

 

VC200は効果なしという口コミもあるけど

VC200

肌質を問わず使用できるVC200ですが、人によって合う、合わないがあります。
「効果が無い」
と実感している人の中には、使用期間が短いというケースも考えられます。
また、ライバル会社によるサクラを使ったネガティブキャンペーンの可能性も。
あまりにも「大げさ」「極端過ぎる」口コミは、無視しても構わないでしょう。

 

VC200はどれくらいの期間続ければいい?

VC200

まずは2カ月を目途に使用しましょう。
肌のターンオーバー周期は、
・20代の健康な肌……約28日
・30代の健康な肌……約40日
・40代の健康な肌……約55日
となっています。
化粧品を使い始めて、効果が現れるまでにも同等の日数がかかると考えても良いでしょう。
まずは2カ月、毎朝晩使い続けることを目標としてください。
「効果が実感できない」と、1カ月で止めてしまってはもったいないですよ。

 

VC200をおすすめしないひとは?

VC200

特にいません。
ただし、シーボディVC200のVCビタールにはレチノイン酸トコフェリルが配合されています。
レチノールを改良した成分で、レチノールに比べて刺激が少ない成分です。
しかし、敏感肌の人や生理前など肌が敏感な時に使うと、赤みが出る可能性があります。
初めて使う場合には、目立たない部分でパッチテストを行ってから使用すると安心です。

 

VC200は妊活中・妊娠中・授乳中・産後でも使える?

VC200

シーボディVC200は妊娠、授乳中でも使用することができます。
一般的に、ビタミンAには胎児の催奇性があり、ビタミンA配合化粧品は使用を控えた方が良いとされています。
VCビタールに配合されているレチノイン酸トコフェリルは、吸収されても分解されず催奇性はありません。
安全性の高い成分なので、妊娠、授乳中でも使用することができます。
どうしても気になる場合は、VCビタールの使用は避けましょう。

 

VC200は男性・メンズでも使える?

VC200

シーボディVC200は男性でも使用可能です。
・ニキビやニキビ跡が気になる
・生活が不規則でニキビができやすい
・ニキビケア化粧品を購入するのが恥ずかしい
そんな人にも、シーボディVC200はおすすめです。

 

VC200は子どもや年配の方でも使える?

VC200

ビタミンC誘導体には過剰な皮脂の分泌を抑制する働きがあります。
過剰な皮脂分泌が原因の思春期ニキビにもシーボディVC200は使用することができます。
また、ビタミンC誘導体には
・シミ、くすみの解消
・コラーゲンの産生促進
といった働きもあるので、年配の方の美白ケア、エイジングケアにもピッタリです。

 

VC200のメリットとデメリット

VC200

デメリット

 Funcos-C-IS(APIS)は歴史が浅い成分

最新型ビタミンC誘導体とも呼ばれているFuncos-C-IS(APIS)ですが、

 APPSに比べて価格が高い
 APPSに比べて歴史が浅い

といったデメリットがあります。
APISと同じ両親媒性ビタミンC誘導体のAPPSは、使用されてから約20年の歴史があります。
皮膚科やクリニックなどにも導入されており、効果、安全性ともに信頼できる成分と言っても良いでしょう。
APISはAPPSに比べて、浸透力、安定性が高い一方で、将来的な肌への影響力はまだ分かりません。
安全性を重視するのであればAPPS。
効果を重視するのであればAPISがおすすめです。

メリット

 最新型ビタミンC誘導体Funcos-C-IS(APIS)を配合

 大人ニキビ、思春期ニキビ、ニキビ跡に対応

 刺激が少なく敏感肌でも使いやすい

シーボディVC200には最新型ビタミンC誘導体Funcos-C-IS(APIS)が配合されています。
APPSの2倍の浸透力と高い安定性で、大人ニキビ、思春期ニキビだけでなくニキビ跡もしっかりケア。
また、APISには保湿力もあるので、従来のニキビ化粧品のように
「乾燥して肌がカサカサになる」
といった心配もありません。

 

VC200はこんな人におすすめ【結論】

VC200

・生理前ニキビに悩まされている人
・ニキビ以上にニキビ跡を何とかしたい人
・乾燥肌なのにニキビができる人

 

VC200

 
 

VC200の評価

VC200の評価
9.2

効果

9.6 /10

安全性

9.2 /10

使用感

9.2 /10

コスパ

9.0 /10

続けやすさ

9.2 /10

-ニキビケア化粧品
-, , , , , , ,

Copyright© ビカモン[美come on] , 2018 All Rights Reserved.