ダイエット運動

骨盤矯正ダイエット!自宅で簡単に出来る効果的な方法

投稿日:2018年1月9日 更新日:

 

骨盤矯正とは

骨盤矯正

骨盤が歪んでいると、ダイエットをしても痩せない、と言われます。

骨盤の歪みは、ポッコリお腹や垂れ尻、太もものたるみやO脚、X脚などの原因にもなるのだとか。

また、代謝が低下することで冷え性や肩こり、腰痛を引き起こすなど厄介なことばかり。

とは言え、「骨盤矯正に通うのは面倒」「骨盤体操は続かない」という女性も多いのでは。

 

骨盤矯正の効果

身体の歪みを整える

骨盤矯正

身体が歪んでいると言われても、自分ではなかなか分からないものです。

身体の歪みは、

・ポッコリお腹

・出っ尻

・貧乳

などの原因と言われています。

また、放置すると腰痛の原因にもなってしまうそう。

骨盤を整えることで、スタイルはもちろん健康の改善にもつながるんですね。

 

代謝がアップする

骨盤矯正

正しい姿勢をキープするのは意外と筋力が必要。

背筋を伸ばすと、腹筋や背筋に自然と力が入っていることが分かります。

骨盤矯正を行うと、姿勢が改善されます。

腹筋や背筋が地味に鍛えられるので、代謝のアップにも効果的。

脂肪が燃焼しやすい身体へと近づきます。

 

疲れにくくなる

骨盤矯正

猫背や片脚重心など、何となくクセになってしまっている姿勢。

自分では「ラクだ」と思っていても、身体にとってはムリのある姿勢です。

そのため、ムダに筋力を使ってしまい疲れやすい上に、ムリな負荷がかかって身体を痛めやすいなんてことも。

骨盤矯正で姿勢を整えることで、ムダな筋力の疲弊を防いでくれます。

疲れにくくなるだけでなく、腰痛や肩こりの予防にもつながります。

 

骨盤矯正の方法

骨盤矯正で本当に痩せるの?

骨盤矯正

人間は正しい姿勢を維持するだけでも痩せると言われています。

しかし、骨盤が歪んでいると正しい姿勢を維持するのは難しいものです。

・座る時に脚を組むクセがある

・パソコン作業をしていると猫背になる

・立っていると片脚重心になってしまう

骨盤が歪んで姿勢が崩れると、力の入っている箇所の筋肉だけが鍛えれられます。

そして、緩んだ筋肉はどんどん衰えてたるむことに……。

骨盤を矯正して正しい姿勢に近付けることで、バランス良く身体を鍛えることができます。

 

骨盤矯正のやり方のコツは?

骨盤矯正

整体へ行って骨盤矯正してもらっても、数日経てば元通り。

骨盤矯正は週に数回行うよりも、毎日継続することが大切。

自宅で骨盤体操などをコツコツと継続した方が、効果は遅くても着実に身体が変わります。

「運動や体操は苦手」

「自己流で行っても正しく出来ている自信がない」

そんな場合には、履くだけで骨盤矯正できるショーツやレギンスなどがおすすめ。

履くだけなので、どんなズボラさんでもムリなく継続することができます。

 

骨盤矯正でちっとも痩せないんだけど

骨盤矯正

整体や骨盤矯正ショーツ、骨盤矯正体操など様々な骨盤矯正方法があります。

いずれの方法も、1回で効果が実感できることはありません。

整体などの場合は、最低でも3カ月以上は通う必要があるとのこと。

まずは3カ月を目途に一つの方法を続けてみることが大切。

 

骨盤矯正はどれくらいの期間続ければいい?

骨盤矯正

骨盤矯正の方法によって、変化を実感する期間が異なります。

整体などの場合、種類によって1回で効果が実感できる場合もあります。

しかし、体型を維持するためには3カ月ぐらいの継続は必要。

骨盤ショーツなどの場合は、毎日着用すれば2カ月ぐらいで変化が感じられるとのこと。

骨盤体操は3カ月以上継続する必要がありそうです。

 

骨盤矯正をおすすめしないひとは?

骨盤矯正

・坐骨神経痛や椎間板ヘルニアのひと

坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどは、強い力で刺激を与えると痛みが増幅する可能性があります。

椎間板ヘルニアなどの場合は、骨盤ショーツよりも、腰全体を固定する腰痛ベルトの方が安心です。

骨盤ショーツや骨盤ベルトを使用する際は、必ず事前に医師に相談するようにしましょう。

 

締めつけ感が苦手なんだけど

骨盤矯正

手軽に骨盤矯正が行える骨盤ショーツや骨盤レギンス。

とは言え、「キツイのは苦手」という女性も多いのでは。

骨盤ショーツや骨盤レギンスの中には、就寝用のタイプもあります。

就寝中に使用するタイプの商品なので、締めつけ感もそれほど苦しくありません。

まずは、就寝用の骨盤ショーツ、骨盤レギンスから試してみることをおすすめします。

 

骨盤矯正を実践している芸能人

ウエスト49センチ!佐野ひなこさんも骨盤矯正を実践しています。

佐野ひなこさん以外にも、多くのタレント、モデルさんが骨盤矯正を実践しています。

特に産後ダイエットとして骨盤矯正を行っているひとが多いみたい。

池田美優(みちょぱ)さんはご自身で骨盤ショーツのプロデュースもされています。

他にも

・木下優樹菜

・梨花

・篠原涼子

・小倉優子

・池田美優

など、出産後もスリムな体型を維持している方は、骨盤矯正をされているようです。

 

骨盤矯正のメリットとデメリット

骨盤矯正

デメリット

 骨盤臓器脱の危険性があります

骨盤ショーツや骨盤ベルトを日常的に使用していると、骨盤を支える骨盤底筋が衰えてしまいます。

骨盤底筋が衰えると、骨盤底筋が支えている子宮などの臓器が下がってきます。

最終的には、膣から内臓が出てくる「子宮脱」「膀胱脱」「直腸脱」などを引き起こしてしまうことも。

骨盤ショーツや骨盤ベルトに頼りすぎず、日ごろから骨盤底筋を鍛えることも意識しましょう。

※<医師監修 >尿もれ対策に!骨盤底筋トレーニング【チャームナップ】(youtube動画)

メリット

 美脚効果も期待できる

骨盤の歪みはO脚やX脚の原因でもあります。

日本人特有の床に直接座るという生活スタイルは骨盤にも大きな負担を与えます。

床に座る生活が日本人にO脚が多い理由ではないか、という指摘もあるほど。

骨盤矯正を行うことで、O脚やX脚の改善にも繋がり、まっすぐな脚に近づけますよ。

 

-ダイエット運動
-, , , , ,

Copyright© ビカモン[美come on] , 2019 All Rights Reserved.