美容方法

目尻のシワの改善方法!簡単!目尻のシワに効く効果的やり方

投稿日:2018年9月28日 更新日:

 

目尻のシワの改善方法とは

目尻のシワ改善

 笑うと目尻がシワシワ……

 ファンデーションが溜まってシワが強調される

「年だから仕方がない」と分かっていても、やっぱり気になる目尻のシワ。

特に現代人はスマホやパソコンで目を酷使しがち。

目はもちろん、目の周辺の皮膚にも大きな負担がかかっており、衰えやすくなっています。

目尻のシワの原因と対策を知って、早め早めに対処するようにしたいですね。

 

目尻のシワ3つの種類

ちりめんジワ

目尻のシワ改善

ちりめんジワとは乾燥小じわのことで、乾燥によってできる複数の浅く細かなシワのこと。

10代、20代でも皮膚が乾燥すると現れるシワです。

ちりめんジワは表皮に現れるシワなので、日々のお手入れで改善可能。

しかし、「スグに消せるシワ」とちりめんジワを放置するのは危険。

ちりめんジワが進行すると、真皮に深く刻まれたシワになってしまいます。

ちりめんジワの段階できちんと手を打っておくことがシワケアの大きなポイントと言えるでしょう。

 

表情ジワ

目尻のシワ改善

表情ジワとは、笑ったり、眉をしかめるとできるシワのことです。

若いころは、コラーゲンやエラスチンによって表情ジワができても、スグに元に戻ります。

しかし、加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少することで、表情ジワがそのまま深いシワとなって固定されることも……。

表情ジワは表情のクセが原因でできるので、化粧品でのケアは難しいとされています。

表情ジワの改善に効果的とされる治療方法がボトックス注射。

ボトックス注射は、ボトックスの筋弛緩効果によって表情筋の動きを妨げます。

「ボトックス注射なんて怖い」

という場合は、表情のクセを意識して改善するより他ありません。

・度の合わない眼鏡、コンタクトを使用している
・日中でもサングラスを使わない
・左右どちらか一方でばかり噛んで食べている

など、知らず知らずのうちにシワとなる習慣を繰り返していませんか。

また、表情ジワが固定されないよう、保湿などのスキンケアをきちんと行うよう心がけたいですね。

 

加齢ジワ

目尻のシワの改善方法

加齢ジワは、年齢と共に深く刻まれるシワのこと。

加齢によるコラーゲン、エラスチンの減少や表情筋の衰えによって現れます。

皮膚のたるみによって現れるシワで、ほうれい線も加齢ジワの一種と言えます。

加齢ジワは皮膚の真皮層まで刻まれており、化粧品による改善はかなり難しいでしょう。

美容皮膚科などでは、ヒアルロン酸を注射することで加齢ジワを目立たなくすることが可能です。

「できてしまったシワは仕方が無い」

と諦めてしまうのは時期尚早。

加齢ジワをこれ以上進行させないためにも、日々のお手入れを欠かさず行うことが大切です。

 

目尻のシワの5つの原因

紫外線

目尻のシワ改善

目尻のシワに限らず、肌老化の最大の原因とも言えるのが紫外線です。

紫外線は

・活性酸素を発生させる
・肌の乾燥を促進する

といった2つのポイントで、目尻のシワを促進する働きがあります。

紫外線を浴びると、皮膚細胞内に活性酸素が発生します。

活性酸素は皮膚の真皮層でコラーゲンやエラスチンを破壊。

コラーゲンとエラスチンが破壊されることで、同じ真皮層に存在するヒアルロン酸が保水力を保てなくなります。

また、活性酸素はメラニン色素を活性化させてシミを増やしてしまう厄介者。

外出時にはサングラスで目をカバーするだけでも、紫外線の影響をかなり和らげることができますよ。

 

眼精疲労

目尻のシワ改善

スマホやパソコンが手離せない、という女性も多いのではないでしょうか。

しかし、スマホやパソコンの使いすぎには要注意です。

眼精疲労もまた、目尻のシワの原因となってしまいます。

目が疲れると、目の周辺の血行が悪くなり、充分な酸素や栄養が行き届きません。

その結果、クマやくすみ、たるみ、そしてシワの原因になってしまいます。

また、目が疲れると、目を細めて見てしまう人も多いのでは。

目を細めることで、表情ジワを作る原因にもなってしまいます。

さらに、気を付けたいのがスマホを操作する際の姿勢です。

うつむいた姿勢でスマホを操作することで、顔のたるみが進行し、シワが増えやすくなります。

スマホやパソコンの操作はほどほどに。

定期的に目を休める、一日の終わりにホットアイマスクを行う、など目を労わるようにしましょう。

 

加齢

目尻のシワの改善方法

年齢を重ねることで、コラーゲンやエラスチンといった皮膚を支えている細胞が減少します。

さらに、表情筋が衰えることで、肌がたるみシワが増えてしまうことに……。

また、上まぶたのたるみによって起こる「眼瞼下垂(がんけいかすい)」が目のシワの原因となることもあります。

「加齢が原因だったら仕方が無い」

と諦めてしまいがちですが、眼瞼下垂の場合は外科手術で改善することが可能。

眼瞼下垂だと保険適応で50,000円程度で治療することができます。

「上まぶたのたるみが気になる」

という場合は、まず眼科で相談してみても良いかもしれません。

また、加齢によるシワは日々のお手入れで進行を抑えることは可能。

レチノールなど抗シワ成分の配合されたアイクリームの使用がおすすめです。

 

糖化

目尻のシワの改善方法

「糖化」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

糖化は、体内の糖がタンパク質と結合してAGEsと呼ばれる終末糖化産物を作り出すこと。

活性酸素が「体のサビ」と呼ばれるのに対して、糖化は「体のコゲ」と呼ばれています。

人間の体内にあるタンパク質の約1/3はコラーゲンでできています。

そのため、糖化によってコラーゲンが破壊されると、肌が弾力を失いシワが増える原因に。

目尻のシワに限らず、顔のシワ、たるみの原因となります。

糖化の原因は、甘いお菓子や飲み物の他にも

・お酒
・喫煙
・睡眠不足

など。

美容だけでなく、健康のためにも甘いお菓子や飲み物はほどほどにしておきたいですね。

 

摩擦

目尻のシワの改善方法

目元の皮膚はとても薄くて厚さ0.02mm程度しかないと言われています。

ティッシュペーパー1枚の厚さが約0.04mmなので、どれくらい薄いかが想像できますね。

そのため、目元の皮膚は

・こする
・引っ張る

など、摩擦に弱くシワだけでなくシミも増えやすいパーツです。

「私は目をこすったりしていない」

という人も要注意。

・アイメイクを落とす
・コンタクトレンズの装脱着
・目薬を注す
・アイクリームを塗る
・洗顔後

など、目をこする機会は意外と多いモノです。

また、花粉症の人も要注意。

目をゴシゴシと擦ると、シワやたるみ、シミの原因となるだけでなく、角膜が傷付く恐れがあります。

目をこするクセがある人はもちろん、そうでない人も、知らず知らず目をこすっていないか気をつけましょう。

 

目尻のシワをなくす方法おすすめ4種

美容外科手術

目尻のシワの改善方法

確実に目尻のシワを消したい、という場合におすすめな方法は美容外科手術です。

・ボツリヌストキシン……3,640円(1か所)
・ボトックス……8,800円(1か所)
・ヒアルロン酸……18,000円~

となっています。(いずれも湘南美容外科の価格を参考にさせていただきました)

また、上まぶたのたるみ「眼瞼下垂」だと保険適応で手術が可能です。

「こんなに安いのなら受けてみようかしら?」

と思った人も多いのでは。

ボツリヌストキシンやボトックス、ヒアルロン酸は効果が永久ではなく、定期的に注入し直す必要があります。

また、様々な副作用が起きる場合もあるので、慎重に検討する必要があります。

 

サプリメント

目尻のシワの改善方法

体の内側から目尻のシワ対策を行うのであれば、サプリを上手に活用すると良いでしょう。

目尻のシワをケアするにはコラーゲンの生成を促進する成分を補うのが効果的。

・ビタミンC
・鉄分
・亜鉛
・タンパク質

などの成分を積極的に摂取するのがおすすめ。

また、紫外線ダメージから皮膚を保護するのであれば「日焼け止めサプリ」が便利です。

日焼け止めだけでは防ぎきれない紫外線から肌を守ってくれます。

同時に、眼球の紫外線ダメージも防いでくれるので一石二鳥。

さらに、

・アスタキサンチン
・リコピン
・ポリフェノール

などの抗酸化物質を補うことで、活性酸素のダメージから肌を守ってくれます。

サプリメントは継続して飲み続けることが大切。

「効いてるのか分からない」

と感じても、まずは2カ月、継続して飲み続けるようにしましょう。

 

アイクリームでケア

目尻のシワの改善方法

目尻のシワ対策には、目元専用のクリーム、美容液でケアするのが効果的です。

アイクリームなどを使用する際には、自分のシワに合った成分を補うことが大切。

・乾燥小ジワ……セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿成分
・表情ジワ……アセチルヘキサペプチド-8、マイオキシノール
・加齢ジワ……レチノール、ビタミンC誘導体

アセチルヘキサペプチド-8やマイオキシノールは「塗るボトックス」と呼ばれている成分。

「ボトックス注射は抵抗がある」という人にもおすすめです。

深く刻まれた加齢ジワは、コラーゲンの生成を促進するレチノールやビタミンC誘導体が良さそうです。

レチノールは刺激の強い成分で、皮膚の炎症や乾燥の原因になる場合もあります。

まずは、効果のおだやかなビタミンC誘導体から試してみると良いでしょう。

 

マッサージ

目尻のシワの改善方法

目の周辺の血行を促進することも、目尻のシワ予防には大切なことです。

とは言え、がむしゃらに押したり引っ張ったりするのはNG。

美容ローラーなどをゴリゴリと力任せに押しつけてマッサージするのもやめましょう。

また、目元のマッサージを行う場合には、かならずアイクリームを塗った状態で行いましょう。

自己流の間違ったマッサージは、かえってシワを深くする原因にもなります。

「マッサージなんてめんどくさい」という人は、ホットアイマスクやツボ押しがおすすめ。

美容鍼なども、目元のたるみやシワの解消に効果的です。

 

目尻のシワ対策に効果的な2種

食べ物

目尻のシワの改善方法

目尻のシワ対策に積極的に食べたい食材は

・手羽先、手羽元……タンパク質・コラーゲン
・鮭……アスタキサンチン・コラーゲン・DHA・EPA
・納豆……タンパク質・大豆イソフラボン・亜鉛・鉄分・ポリアミン
・ピーマン……ビタミンA・C・E
・高野豆腐……アミノ酸・鉄分・大豆イソフラボン・亜鉛

目尻のシワを防ぐには、コラーゲンとコラーゲンの元となる成分を補うことがポイントです。

納豆に含まれるポリアミンは、体内の老化因子を抑制する働きがある成分として注目されている成分。

とは言え、ここに挙げた食材はほんの一例であって、これらばかりを食べていれば良いワケではありません。

お肉・野菜・お魚をバランス良く食べることが大切。

バランスの良い食生活が美肌への第一歩と言えます。

 

生活習慣

目尻のシワの改善方法

何気ない習慣やクセが目尻のシワを引き起こしている場合もあります。

・頬づえをつく
・下を向いてシャンプーをする
・うつぶせに寝る
・うつむいてスマホを操作する

など。

新聞を読む時に、床に広げて読んでいるという人も要注意です。

うつむいた姿勢は、顔の肉が重力に引っ張られて下がり、たるみ、シワの原因となります。

一つ一つの動作の時間は短時間でも、毎日の積み重ねとなると大きな変化を生み出します。

直接、目をこすったりしなくても、目尻のシワを作り出す要因はたくさんあるので要注意。

 

目尻のシワ改善方法の口コミまとめ

目尻のシワは本当に取れるの?

目尻のシワの改善方法

目尻のシワは「乾燥小じわ」の段階であれば、毎日のスキンケアで解消することが可能。

しかし、表情ジワ、加齢ジワと進行するにつれて、シワの解消は難しくなります。

深く濃いシワになってしまっても、きちんとお手入れをすることが大切。

保湿をしっかり行うことで、肌弾力がアップし、肌表面の凸凹が浅くなります。

「どうせ何をやってもムダ」

と諦めずに、日々のお手入れを欠かさないことが大切です。

 

目尻のシワの改善方法のコツは?

目尻のシワの改善方法

目尻のシワケアのコツは「頑張り過ぎない」こと。

目尻のシワを消したい!

となると、あれもこれもと色々試してみたくなります。

しかし、目元は皮膚が薄くてとてもデリケート。

触り過ぎると、かえってそれが刺激となりシワの原因となりかねません。

あまり手をかけすぎずに、アイクリームなどでシンプルにケアするだけでもOK。

あとはインナービューティーを心がけましょう。

 

目尻のシワがちっとも取れないけど

目尻のシワの改善方法

一度できてしまった目尻のシワを取るのは至難の業です。

ちりめん小ジワの段階であれば、保湿を徹底することで解消できます。

しかし、表情ジワ、加齢ジワになると、完全に消してしまうことは難しいです。

まずは、「今よりも目立たなくする」ことを目標にお手入れしましょう。

・アイクリームの使用方法、使用量は適切か
・紫外線対策はきちんと行っているか
・無意識に目をこすっていないか
・スマホやパソコンに夢中になって目を酷使していないか

といった点にも気を付けてお手入れを行ってください。

 

目尻のシワの改善方法はどれくらいの期間続ければいい?

目尻のシワの改善方法

肌のターンオーバーを考慮すると、最低でも2カ月はお手入れを続ける必要があります。

1カ月で「効果が無い」と諦めてしまうのはもったいないですよ。

肌のターンオーバーは

・乾燥
・冷え
・ストレス
・ダイエット

などによって乱れがちです。

肌のターンオーバー周期を整えるためにも、日ごろの生活習慣から見直すと良いでしょう。

「そんなに気長にケアしてられない」

という場合は、美容外科手術に頼るのが最も良い方法だと言えそうです。

 

目尻のシワを取るのにおすすめしないやり方は?

目尻のシワの改善方法

・表情筋トレーニング

目尻のシワの原因の一つが表情筋の衰えによるたるみです。

「だったら表情筋を鍛えればいいんじゃない」

と考えてしまいがち。

しかし、表情筋トレーニングに関しては、否定的な意見を持つ医師の方が多いようです。

顔を不自然に伸ばしたり、縮めたりすることでかえってシワの原因になってしまうのだとか。

 

目尻のシワの改善方法に美顔器が効果的?

目尻のシワの改善方法

目尻のシワをケアする上で、強力なツールとなるのが美顔器です。

美顔器にも様々な種類がありますが、目尻のシワに効果的なのは

・RF(ラジオ波)
・イオン導入
・LED

の3種類。

RF(ラジオ波)はコラーゲンの生成を促進します。

また、赤色LEDにもコラーゲンの生成を促進し、小じわの改善に効果があります。

イオン導入は、ビタミンC誘導体などの化粧水と併せて使用することで、化粧水の浸透を促進。

ビタミンC誘導体のコラーゲン生成をサポートします。

デリケートな目元だからこそ、美顔器を上手に活用し、少ない刺激で美容効果を高めたいですね。

 

目尻のシワの改善方法のメリットとデメリット

目尻のシワの改善方法

デメリット

 美容外科による手術は副作用の危険性があります

美容外科手術は短期間で確実な効果が期待できる分、副作用の危険性もあります。

ボトックスの場合は筋肉痛や筋力低下、表情が作れないといったこともあるようです。

ヒアルロン酸の場合、むくみ、腫れ、内出血などの危険性もあります。

また、ボトックスもヒアルロン酸も効果は一時的なもの。

定期的に注入を繰り返すと、皮膚が伸びてたるんでしまうとの指摘もあります。

効果の大きなものほど副作用の可能性も高いので、慎重に検討し、信頼できるクリニックで受けるようにしましょう。

メリット

 若々しく見られる

 アイメイクが映える

「年齢と共にシワが増えるのは仕方が無いこと」

分かっていても

「年齢よりも老けて見られることが多い」
「ファンデが埋まって、メイクのノリも最悪」

では、「仕方が無い」とも言ってられません。

若々しく見られると自信にもなりますし、メイクやオシャレも楽しくなります。

目尻のシワを気にせず、ポジティブな気分で過ごせることが、何よりも大きなメリットかもしれません。

 

-美容方法
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ビカモン[美come on] , 2018 All Rights Reserved.