ダイエット食事

プロテインダイエット方法!おすすめの置き換えのやり方

投稿日:2018年1月6日 更新日:

 

プロテインダイエットとは

プロテインダイエット

プロテインと聞くと、ムキムキのボディビルダーや筋トレの男性が好んで摂るもの。

なんてイメージがあります。

しかし、プロテインは筋肉を落とさずにダイエットできるとても優秀な成分。

「ダイエットをしても体脂肪率は減らない」

「ダイエットをしても体型が変わらない」

プロテインダイエット」はそんなひとにピッタリのダイエットです。

 

プロテインダイエットの効果

筋肉量の増強

プロテインダイエット

日本人はもともと人種的に筋肉が付きにくいそうです。

そのため、筋トレをしてもなかなか成果が現れにくいのだとか。

女性の中には「筋肉なんて付かなくても良い」と、思っているひとも多いかもしれません。

しかし、筋肉はエネルギー消費量が多いのが特徴。

じっとしていても消費するエネルギーを基礎代謝と言います。

1日に消費されるカロリーのうち、60~70%を占めているのが基礎代謝。

そして、基礎代謝のうち20%は筋肉による消費だそうです。

筋肉の付きにくい日本人には、筋トレにプロテインはマストと言っても過言ではないかもしれません。

 

美肌、美髪

プロテインダイエット

美肌に欠かせない「コラーゲン」。

実は、コラーゲンもプロテインの一種なんです。

プロテインが不足すると

・髪がパサパサになる

・肌にハリ、弾力がなくなる

・爪が割れやすくなる

・むくみがひどくなる

といった症状が現れる場合があります。

「最近、お肌の調子がイマイチ」なんて時には、プロテインをきちんと補えてるか、見直してみましょう。

 

集中力やヤル気がアップ

プロテインダイエット

プロテイン(タンパク質)は体内に入ると分解されて、アミノ酸になります。

アミノ酸は、脳の神経伝達物質を構成する上で、欠かせない成分。

そのため、プロテインが不足すると、ドーパミンやセロトニンが不足すると言われています。

ドーパミンは集中力やヤル気をコントロールする神経伝達物質。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、ストレス耐性を高める神経伝達物質です。

プロテインを積極的に補うことで、フィジカル、メンタルの両方をサポートすることができるんですね。

 

プロテインダイエットの方法

プロテインダイエットで本当に痩せるの?

プロテインダイエット

プロテインダイエットは置き換えダイエットにピッタリのダイエット方法です。

というのも、プロテインには

・空腹感を抑制する

・筋肉を増強する

といった働きがあります。

間食の多い人に共通する特徴が、プロテイン不足なんだとか。

プロテインを積極的に摂ることで、ムダ食いを防ぐこともできるんですね。

さらに、筋肉を増やすことで脂肪が燃えやすい身体へと近付けてくれるのだそう。

 

プロテインダイエットのやり方のコツは?

プロテインダイエット

プロテインダイエットには1食置き換えがおすすめです。

また、運動の前後にプロテインを摂取することで、効率良く筋肉を鍛えることもできます。

「1食置き換えはちょっとハードルが高い」

そんな場合には、まず間食代わりにプロテインドリンクを飲むだけでもOK。

お腹が膨れるので、自然とおやつや食事の量を減らすことができます。

 

プロテインダイエットでちっとも痩せないんだけど

プロテインダイエット

プロテインの大きな役割は筋肉を増強すること。

そのため、プロテインを飲んでじっとしていても筋肉は増えません。

・エレベーターを使わずに階段を利用する

・一駅手前で降りて歩く

など、できることからコツコツと始めるだけでも違いますよ。

特に女性はプロテインが足りていないひとが多いと言われています。

プロテインドリンクを飲んでいるから大丈夫、と安心するのは禁物。

日ごろから、お肉や卵などを意識して食べるようにしましょう。

 

プロテインダイエットはどれくらいの期間続ければいい?

プロテインダイエット

プロテインダイエットに決まりはありません。

しかし、1食置き換えなどをずっと継続していると栄養が偏る場合があります。

1週間など期間を決めて短期間に集中して行うことをおすすめします。

とは言え、ダイエット期間が終われば、プロテインも摂らなくて良いワケではありません。

ダイエット後の体型を維持するためにも、プロテインは意識して毎日摂るようにしましょう。

 

プロテインダイエットをおすすめしないひとは?

プロテインダイエット

・腎臓や肝臓に疾病があるひと

タンパク質は体内で使用後は、窒素となります。

窒素はアンモニアに変換され、肝臓で尿素に変換された後、腎臓で尿として排出。

腎臓や肝臓に疾病がある場合、この窒素を無毒化する作業に大きな負担がかかってしまいます。

腎臓や肝臓の数値が悪い、というひとは、タンパク質の過剰摂取は避けた方が良さそうです。

 

プロテインドリンクが苦手なんだけど

プロテインダイエット

プロテインドリンクと言うと「マズイ」「飲みにくい」といったイメージを抱いているひとも多いかもしれません。

しかし、最近ではプロテインドリンクも味が改良されていて、とても飲みやすくなっています。

まずはプレーンではなく、チョコやストロベリーなどの味を試しても良いかもしれません。

水よりも、牛乳や豆乳で溶かして飲むとさらに飲みやすいですよ。

 

プロテインダイエットを実践している芸能人

友近さんがDHCのプロティンダイエットで痩せたことで有名です。

プロテインダイエット、とまでいかなくても、プロテインを積極的に摂っている芸能人は多いみたい。

特にスタイル重視のモデルさんは、日々のトレーニングと併せてプロテインを摂取しているようです。

ヴィクシーモデルのアドリアナ・リマはショーの1週間前からはプロテインドリンクしか飲まないのだとか。

他にも

・ジェシカ・シンプソン

・ローラ

・中村アン

・榮倉奈々

・菜々緒

・北川景子

・西内まりや

・アドリアナ・リマ

・キャンディス・スワンポール

などなど。

 

プロテインダイエットのメリットとデメリット

プロテインダイエット

デメリット

 腸内環境が悪化する可能性がある

体内で吸収されなかったタンパク質は、そのまま腸へと送り込まれます。

腸へと送り込まれたタンパク質は、そこで悪玉菌のエサとなってしまうのだとか。

そのため、腸内環境が悪化する原因にもなってしまうそうです。

 お肉をたくさん食べると便秘になる

 お肉を食べると、便やおならが臭くなる

といった経験があるひとも多いのでは。

腸内環境の悪化を防ぐためには、食物繊維や水分を意識して摂るようにしましょう。

タンパク質と食物繊維を同時に摂れる食材には「納豆」や「おから」などがあります。

メリット

 免疫力がアップ

プロテインを積極的に摂って、筋肉量がアップすると、体温が上昇します。

体温が1℃上がると、免疫力が5~6倍上がるそうです。

また、がん細胞は「体温35℃で最も好む」とも言われています。

欧米人が冬でも半袖で平気な(人が多い)のは、筋肉量が多く、体温が高いからだそうです。

ダイエットや美容目的だけでなく、健康のためにもプロテインは積極的に摂ると良さそうですね。

 

-ダイエット食事
-, , , ,

Copyright© ビカモン[美come on] , 2019 All Rights Reserved.