モデルダイエット

ナタリーポートマンダイエット!キレイに痩せた知られざる方法

投稿日:2018年1月31日 更新日:

 

ナタリー・ポートマンのプロフィール(身長・体重・スリーサイズ)

  • 本名:ナタリー・ヘルシュラグ
  • 生年月日:1981年6月9日
  • 出身地:イスラエル、エルサレム
  • 身長:160cm
  • 体重:38kg
  • スリーサイズ:73・58・75
  • ナタリー・ポートマン」は

    ・1991年:ロング・アイランドのピザレストランで化粧品会社レヴロンのモデルとしてスカウトされる

    ・1994年:リュック・ベッソン監督の「レオン」で2000人以上の候補者からマチルダ役に選ばれて映画デビュー

    ・1999年:「スター・ウォーズ」新三部作でヒロインのパドメ・アミダラを演じ、人気を不動のものとする

    ・1999年:ハーバード大学に進学

    ・2010年:「ブラック・スワン」でアカデミー賞主演女優賞を受賞

    ・2012年:「ブラック・スワン」で共演したフランス人振付師のバンジャマン・ミルピエと結婚

    ハーバード大学卒で6ヶ国語に精通しているというナタリー・ポートマン。

    日本への留学経験もあり、日常会話程度なら日本語も話せるそうです。

    そんな才色兼備なナタリー・ポートマン、映画「ブラック・スワン」の役作りで9キロのダイエットを行ったと話題になりました。

    一体どんなダイエット方法を行ったのか、気になります。

     

    ナタリー・ポートマンのダイエット方法(食事編)

    ビーガン

    ナタリーポートマンダイエット

    ナタリー・ポートマンは20年以上もビーガンを続けているとのこと。

    ビーガンとは絶対菜食主義者で、動物製品の使用を一切行わないひとのこと。

    ただし、ナタリー・ポートマンは妊娠中は卵や乳製品を食べており、「ビーガンではなくベジタリアン」だったそう。

    また食生活は、「鶏肉や魚を中心にし、赤身の肉は1カ月に2回ぐらい食べるだけにとどめている」とのこと。

    どうやらゆるめのビーガンのようです。

    ビーガンとベジタリアンの違いは?

    ナタリーポートマンダイエット

    ビーガンとベジタリアン、一体何がどう違うの?

    と、戸惑うひとも多いかもしれません。

    実はベジタリアンと言っても、様々な種類に分かれています。

     ビーガン

    植物製品のみを食べる他、革製品、スクワランや馬油といった動物性油の使用も禁止。

    ハチミツやゼラチンも口にしてはいけないそうです。

     ラクト・ベジタリアン

    植物製品と乳製品のみを食べるベジタリアン。

    ハチミツも食べてOKです。

     ラクト・オボ・ベジタリアン

    植物製品と乳製品、卵を食べるベジタリアン。

     ペスコ・ベジタリアン

    植物製品と卵、魚を食べるベジタリアン。

    乳製品は食べません。

     ポウヨウ・ベジタリアン

    植物製品と乳製品、卵、魚、鶏肉を食べるベジタリアン。

     ノン・ミート・イーター

    お肉だけを食べないベジタリアン。

    日本人にもけっこう多いのではないでしょうか。

    ベジタリアンは健康のためというよりも、自身の思想によるところが多いようです。

    あまり、偏った食生活はかえって健康を崩すもとにもなってしまいます。

    動物に優しくても自分が不健康になってしまえば本末転倒。

    「週に1回、お肉を食べない日を設ける」

    など、あくまでも食事療法として参考にするのが良さそうです。

     

    ナタリー・ポートマンのダイエット方法(運動編)

    バレエビューティフル

    ナタリーポートマンダイエット

    ナタリー・ポートマンが、映画「ブラックスワン」の役作りのためのトレーニングとして実践したのが「バレエビューティフル」。

    ニューヨークシティバレエ団の元バレエダンサーである、メアリー・ヘレン・バウアーズが考案したエクササイズです。

    ナタリー・ポートマンの他、ヴィクシーモデル達の間でも大人気のバレエクササイズです。

    バレエビューティフルの効果効能

    ナタリーポートマンダイエット

    セレブがこぞってハマっているというバレエビューティフル。

    ・週2~3回程度で良い

    ・運動神経やリズム感は不要

    ・即効性がある

    といった点が人気の秘訣のようです。

    飛んだり跳ねたりといった激しい動きも無いので、時間帯を気にせずに行える点も嬉しいですね。

    バレエの動きが元になっており。

    ・姿勢の矯正

    ・美脚

    ・ヒップアップ

    ・二の腕痩せ

    などに効果があります。

    週に2~3回のエクササイズを行えば、2週間ほどで体型に変化が現れるとのこと。

    優雅な動きとは裏腹に「キツい」と評判ですが、やってみる価値はアリですよ。

    ※参考:Ballet Beautiful: Lean Legs and Butt Shaper Workout- Mary Helen Bowers(youtube動画)

     

    ハイキングダイエット

    ナタリーポートマンダイエット

    ハリウッドセレブの間で大人気なのが、「ハイキングダイエット」。

    名前の通り、ハイキングで長時間歩くというダイエット方法。

    ダイエットというよりも、自然の中でリフレッシュすることが主な目的、と言っても良さそう。

    ナタリー・ポートマンも家族でハイキングへよく出かけるそうです。

    ハイキングの効果効能

    ナタリーポートマンダイエット

    ハリウッドセレブの間で大人気のハイキング。

    ・ジャスティン・ビーバー

    ・セレーナ・ゴメス

    ・エミリー・ラタコウスキー

    ・アレッサンドラ・アンブロジオ

    ・ヴァネッサ・ハジェンズ

    など、多くのセレブがハイキングにハマっています。

    ハイキングには

    ・脳の疲労回復

    ・免疫力アップ

    ・骨粗鬆症予防

    ・体脂肪の減少

    ・LDLコレステロールの低下

    といった効果が期待できます。

    多忙な日々を過ごすセレブが、ハイキングにハマるというのもなんだか分かる気がします。

    ただし、ハイキングは単なる街歩きとは違います。

    ハイキングに出かける際には、服装やマナーに気を付けるようにしましょう。

     

    ナタリー・ポートマンのダイエット方法(メリットとデメリット)

    ナタリーポートマンダイエット

    デメリット

     早死にリスクがアップするとの指摘も

    健康的なイメージのある菜食主義。

    しかし、お肉を食べないことで栄養が偏り、寿命が20年縮むと指摘する意見もあります。

    日本人はもともと、お肉を食べないことからタンパク質不足で、平均寿命も短かったそうです。

    しかし戦後、お肉を食べるようになってから、飛躍的に平均寿命が延びたと言われています。

    決して、「菜食主義=健康的」というワケではないんですね。

    メリット

     女性らしいボディラインを形成する

     ストレス解消になる

     姿勢が良くなる

    ナタリー・ポートマンはビーガンとのことで、日本で彼女の食生活をマネするのは大変そう。

    しかし、「野菜をたくさん食べる」「お肉は赤身を選ぶ」など、小さなことからマネしてみても良いかもしれませんね。

     

    -モデルダイエット
    -, , , ,

    Copyright© ビカモン[美come on] , 2019 All Rights Reserved.